カーボグラスやマイクロバブルなど便利で身近な道具

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品を作る前の試験

製品を作る時には、必ずテストピースを用いて試験を行います。試験に無事合格した製品のみ市場で販売されます。最近では、テストピースを専門に作成する業者も存在します。

顕微鏡の販売

顕微鏡は、教育現場や研究開発の現場で活用されています。学生の頃に使用したことがある人がほとんどではないでしょうか。顕微鏡は専門店舗で購入することや修理依頼をすることが可能です。

カーボグラスの概要

面倒な分別はガラパゴスのフルイ機を使うことで簡単に叶いますよ。自走式だからシンプルな設計になっていて使いやすいですよ。

超微細な泡で汚れなどを徹底洗浄できるのがマイクロバブルです。その他にも様々な用途がありますので、こちらをチェック!

そもそもカーボグラスとは

カーボグラスとはガラスのような透明性をもったポリカーボネートシートというキャッチフレーズのAGC旭硝子の登録商標になります。一般的なポリカーボネートシートは若干白く濁ったような状態で、すりガラスのように向こう側が見えないものが標準です。しかし、旭硝子のカーボグラスは透明性が極めて高く、建材、土木、産業用途と幅広く応用が利きます。産業用途としては、食品衛生法に適合している品番もあるので、もしかしたら身近でもう手に取ったことがあるかもしれません。また、耐火性に優れているので有毒ガスの放出や、炎が広がりにくいというメリットがあります。この耐火性については防炎製品認定書という日本防炎協会という財団法人が発行する証明書を保持しています。

高機能化し続ける、進化をする

高機能プラスチックは日々進化をつづけています。各社が競合ライバル達より一歩前へと進む為にありとあらゆる部分で特化した製品を作り続けています。このカーボグラスも例外ではありません。透明性を売りにしているけれども、顧客からの要望があれば表面をマットにもします。そして、幅広い分野で活躍する為に各方面に特化した機能を追加していきます。耐摩擦性、耐候性、遮熱性、帯電防止、難燃性などなど…耐摩擦性は擦り合わせなど使用頻度が高いものに適応する為、耐候性は屋外での使用を目的とした紫外線や雨に対する耐性を持たせる為など、各種目的に合わせた機能を持たせることも大事なのです。他にも様々な方法でカーボグラスはまだまだ進化します。これから先の未来、身近には多くのカーボグラス製品があるかもしれません。

セレックで歯科治療

最近、歯科医療の現場でセレックが用いられることが多くなりました。セレックの場合、技工士に制作を依頼する手間や費用が省かれます。治療時間の短縮にもなり、認知度が上がっています。

Copyright (c) 2015 カーボグラスやマイクロバブルなど便利で身近な道具 all reserved.